代表メッセージ

フラワーデザイナーにとって最高の場所です

老舗だからこそ求められる「最高品質」。
生涯成長し続けられる一流の環境があります。

代表メッセージ

代表

ようこそ、究極の洋花の世界へ!!

当社は、私の曾祖父である後藤午之助(うまのすけ)が明治25年に六本木で生花店を創業し、以来120余年、花屋業に邁進してまいりました。私を含む4代の経営者がその精神を受け継ぎ、大切に守り続けてきた根本理念があります。その理念とは、
(1)常に選りすぐりの最高品質の花のみを提供する、
(2)「究極の洋花文化」を追求する、
・・・の2つです。

特に最高品質の花を追求する姿勢は私たちが最も大切にするところで、厳しい目で選んだ新鮮かつ発色の良い切花や鉢植えを店に並べますので、スタッフは新人研修を始めたその日から最高の花々に囲まれた環境にあります。そして、それらと向き合う日々━最高の素材を最大限生かすための手入れ、技術、サービス等々を身につける努力を怠らない━を送ります。
それは簡単な事ではありませんが、知らず知らずのうちに最高の品物を皮膚感覚として体に染み込ませ、理解して行きます。選りすぐりの素敵な花々との触れ合いこそ、ゴトウで働くことの最大のメリットと言えましょう。
どんな時代にも、目の肥えたお客様は必ずいらっしゃいます。厳しい目を持ち、花を良く知るお客様にご満足してお帰り頂く、そのための高いハードルを日々超えながら私たちは一丸となって成長し続けて行きたいと考えています。


メッセージ

二番目に、「究極の洋花文化」へ。

ゴトウの目指す「究極の洋花文化」とはいったい何でしょう。
まず1つには、世界各地から豊富なバリエーションの花を取り揃えること、2つめは、生花のみならず、あらゆる構成要素にも「洋」の世界観を散りばめるという事でしょう。
ゴトウ独自の洋花文化をスタッフが一緒に創り上げていくことも、ゴトウで働くことのもう一つの醍醐味です。

米国を主とした海外でのギフト商品や花器の買い付け、クリスマスパーティ・フラワーデモンストレーション・コンサート等お客様向けイベントの企画、本店7mウィンドーのディスプレイ、ギフトの企画など、お客様に感動や潤いを感じて頂けるような、常にこだわりを持った「洋花文化」の発信を目指しています。


メッセージ

六本木本店は勿論のこと、都内の一流ホテル、百貨店の支店においても同様の理念を基に、全スタッフが日々精進を重ねています。

時代の変遷やお客様のニーズの多様化とともに、花業界においても「店舗」を構えない業態のフローリストが増加する等厳しい状況が続いています。そうした環境の変化に適切に対応しつつ、美しい花々が咲き乱れる魅力的な店舗で心を込めてお客様をお迎えする、そんな昔ながらの伝統的な花屋であり続けたいと私たちは願っています。

私たちと一緒に研鑽を重ね、成長していこうという前向きな気持ちを持った皆さん、是非ゴトウフローリストの門を叩いてみてください。

皆さんと明日にでもお目にかかれることを楽しみにしています。

株式会社ゴトウ花店 代表取締役社長 後藤 尚右


  • ENTRY
  • 代表メッセージ
  • 先輩の声
  • スキルアップ
  • キャリア形成
  • Official Web Site
  • Online shop
  • Official Blog
  • Facebook

ENTRY

tel